[会員掲示板]は会員相互の親睦を目的に設置された掲示板です。以下に簡単なルールを記しますので、これを遵守しつつ大いに御活用下さい。

1、 他の会員や砂川高校関係者個人を誹謗中傷するような書込みは管理人の判断にて削除されることがあります
2、 スレッドは最新の書込み順(30)に表示され、それ以降はスレッド一覧に移動します
3、 スレッド一覧中のスレッドで1年間書込みのないものは過去ログ倉庫に移動します[過去ログ倉庫は原則として閲覧不可]
4、 [役員WEB会議]での議論に御意見などのある会員は、当掲示板にスレッドを立てて頂くことで議論に参加できます。なおスレッドを立てる際にタイトルの冒頭に(オブ)と付けて下さい。
タイトル:
名前: メールアドレス:  
ID: パスワード:

1:長い間ありがとうございました 2:高校時代のクラブ活動での合宿所 3:砂高祭2019/9/29開催予定 4:93年3月卒業六期生同期会 5:2014砂高祭 合唱動画 6:砂高祭ポスターについて 7:HPりにゅーある 8:クラス会、活気づいてますね。 9:些細なことですが・・・ 10:祝憲法記念日 11:入試倍率の件 12:祝 入学式(35th) 
スレッド一覧

【1:1】長い間ありがとうございました

1.村野(六期) 投稿日:2020/1/28-08:12:47
まだ2か月ありますが…長い間ありがとうございました。
LINEへの登録も済ませ、六期のグループLINEへも情報展開しました。
LINEではやはり告知などの情報発信のみになるのでしょうか?

一時期制作していた六期サイトもメンテナンスが行き届かず
閉じてしまいましたし、同窓会全体となるとご苦労も多かったと思います。
歴代管理者の方々、ありがとうございました。


名前: メールアドレス:  
ID: パスワード:

【2:3】高校時代のクラブ活動での合宿所

1.福田 投稿日:2019/4/27-09:04:48
こんにちわ。四期生の2年目に夏休みに部活動の合宿の懐かしい写真が出てきたのですが、どこだったのか・・・
1983年ですかね。
@長野の伊那
A裏軽井沢
B柔道部はいつもの平安格で、朝道場までマラソンしてる横を吹奏楽部がバスで通っていったのを覚えている
どなたか覚えておられたら情報をお寄せ下されば幸いです。

2.山本卓(辛夷会会長) 投稿日:2019/5/8-12:35:27
長野の佐久市でしたね。

柔道部は宿舎から道場までの約3キロの道のりを午前練往復、午後練往復の計1日12キロを走っていた記憶が。

3.福田 投稿日:2019/7/13-11:20:26
山本会長
12km?!柔道部すごいね!
吹奏楽部は峠の茶屋という宿にお世話になっていたことがわかりました。ありがとうございました。
http://www.miyota.net/tengu/facility.php#


名前: メールアドレス:  
ID: パスワード:

【3:1】砂高祭2019/9/29開催予定

1.福田 義実 投稿日:2019/4/27-09:08:15
学校のサイトに年間予定がアップロードされていました。ホームカミングデー、たまには母校に帰ってみますかね。
http://www.sunagawa-h.metro.tokyo.jp/contents/sanbu_nenkangyouji.html


名前: メールアドレス:  
ID: パスワード:

【4:1】93年3月卒業六期生同期会

1.村野 投稿日:2018/4/3-15:52:24
2018年6月9日(土) 立川グランドホテルにて開催します。
同窓会ネットから参加登録をお願いします。
http://dousoukainet.com/receive/

初期ID、パスワードはメールいただければ連絡します。


名前: メールアドレス:  
ID: パスワード:

【5:5】2014砂高祭 合唱動画

1.木下博之(副会長) 投稿日:2014/10/6-05:04:05
2014年10月5日、台風18号の接近で開催が危ぶまれる中、砂高祭一般公開日は無事開催されました。

同窓会の校歌合唱も、いよいよ体育館で、在校生の有志混成で、行われました。強い雨の降る中、沢山の皆さんがお越しくださり、ありがとうございます。

残念ながら当日お越しいただけなかった方へ、下記のアドレスで公開しています。
閲覧限定で、パスワードをかけていますので、ご了承ください。

合言葉は
cobushi 

2.木下博之(副会長) 投稿日:2014/10/6-05:06:03
公開場所です。
http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/B4VM8BkLp7N

3.11期 H・m 投稿日:2014/10/6-21:09:14
いや〜本当に、感動的!!
1日の疲れが、全て吹っ飛んでいった感じです。
心のアルバムに大切にしまって置こうと思います。
皆さん、本当にありがとうございました!

4.こんばんは、満月 投稿日:2014/10/8-21:29:12
砂高祭開催、おめでとうございます!本当に、多幸感に包み込まれた、校歌合唱ですね。現役砂高生の歌声は正に天使の歌声でした。。ね!また、画像での公開ありがとうございました。きっと、皆さんパソコンやスマフォの前で一緒に歌っていると思います...(笑)

5.今晩は皆既日食 投稿日:2014/10/8-22:24:55
仕事帰りの居酒屋で、スマフォみながら口ずさんでいそう♪(笑)


名前: メールアドレス:  
ID: パスワード:

【6:4】砂高祭ポスターについて

1.Fes Has Come 投稿日:2014/9/20-00:21:24
今年度も例年同様、完成度の高い(愛にあふれた)物に仕上がりましたね!!今夏のテーマは「うたをうたおう」♪ですか(笑)
想像しただけで、Happyな感じです。。ね。


2.Fes Has Come 投稿日:2014/9/20-00:25:15
訂正です。
今夏(誤)→今回(正)

3.S・S 投稿日:2014/9/23-16:44:09
砂高の校歌って、校歌にありがちな、押し付けがましさが無いからいいですね。(笑)歌い終わった後のあの晴れ晴れした爽快さにも・・・感謝。

4.11期 H・m 投稿日:2014/10/6-21:08:10
いや〜本当に、感動的!!
1日の疲れが、全て吹っ飛んでいった感じです。
心のアルバムに大切にしまって置こうと思います。
皆さん、本当にありがとうございました!


名前: メールアドレス:  
ID: パスワード:

【7:6】HPりにゅーある

1.Cc太郎 投稿日:2014/7/19-22:45:53
Hp更新、お疲れ様です。。。毎更新ごとに少しずつ良くなっていますね^^配色的にやや疑問な箇所もありますが・・・(小さい声で言いますが緑とオレンジの配色は幼稚さを意味します。)まあ、あくまでもカラーコディネートの視点からのささやかなアドバイスとして聞いていただければ幸いです。

2.Cc太郎 投稿日:2014/7/19-23:18:54
解決策としては、なかなか難しいですが(笑)緑の直ぐ隣にオレンジを置くのではなく、赤系のアクセントカラーを挟むと良いでしょう…

3.Cc太郎 投稿日:2014/7/20-08:29:50
前記2つの書き込みですが、後で読み返してみると、デザインの大原則である「まず今ある既存のものを尊重する」と言う大原則を忘れていました。私は、カラーコーディネートの資格保有者ではありますが、実際は全くの素人と同じレベルであるために、この様な配慮を欠いた指摘をしてしまいました。したがって、この書き込みと1と2の書き込みは削除していただければ幸いです、恐れ入りますがよろしくお願いいたします。

4.Cc太郎 投稿日:2014/7/20-19:05:57
緑の配色パターンです、ご参考までに。
http://xweb.wanichan.jp/kb/color-scheme/green.html

5.梅雨明 投稿日:2014/7/23-21:12:16
今の砂高、HP一つ例に挙げてもかなり惜しいところまで来ている気がします。後から振り返って、「あのときの決断は概ね正しかった」と言えるような新たな一歩にしていきたいですね(^^)

6.Ys_92 投稿日:2014/8/1-23:29:59
砂高全盛期(1980年代後半から90年代前半)を過ごした者からすると、本音を言えば「10以上下がった偏差値を何とかしてほしい」、「生徒の自主性に任せすぎではないか」と言う意見があがっていることは、容易に推測できます・・・。しかし、現在の「多様性」、「柔軟性」にウエイトを置いた指針にもそれなりに意味があることは、否定できない事実だと思います。大切なことは、砂高の最もファンダメンタルな部分、即ち「他者の心の痛みに寄り添う気持ち」、「どんな時でも心のどこかに太陽を」と言ったものだけは、これからも変わらずに続いていってほしいと言う願いは、共通な認識であってほしいものです。


名前: メールアドレス:  
ID: パスワード:

【8:8】クラス会、活気づいてますね。

1.mm2014 投稿日:2014/5/9-23:45:21
新宿センタービル53階のクラス会ですか・・・ビルのネオンと一緒に沢山の思い出が輝いているんでしょうね。思わず参加してみたくなりました・・・。

5.Hanaha Saku 投稿日:2014/5/29-21:08:08
一期生の皆さんが最初に蒔いてくださった種により、現在、多くの花が咲いています。(感謝)

6.山本 卓(同窓会長) 投稿日:2014/6/1-08:19:10
昨夕、我らが砂川の「源流」である一期生の同期会が開催された
筈です。準備段階から多数の幹事さんが熱心、且つ丁寧に準備を
されていたのを羨ましく見ていた次第です。

近々報告も頂けると思いますので、その模様は「クラス会などの
お知らせ」で紹介出来る筈なので楽しみにして待っていましょう。

7.OB3年2組 投稿日:2014/6/3-22:26:29
待ちます!幹事の皆さん、お疲れ様です^^

8.稲村純2014 投稿日:2014/6/4-23:37:21
現在の辛夷会の繁栄は、1期生の皆さんから引き継がれた、言わば「襷を繋ぐ思い」があったからでしょう。。ね。


名前: メールアドレス:  
ID: パスワード:

【9:7】些細なことですが・・・

1.Ts26 投稿日:2014/5/11-14:18:12
事務的な指摘で申し訳ありません、「卒業生の進路」が25年度のままですが、何か理由があるのでしょうか?一般的な感覚からするとゴールデンウィーク前までに更新されると言うのが普通だと思います・・・。少し、のんびりし過ぎているのではないでしょうか・・・

5.初夏ウララ 投稿日:2014/5/19-20:51:47
そうですね、同じ都立高校でも上水高校、日比谷高校等は、4月の内に更新済みのようです。進路指導にどれだけ責任を持って取り組んでのかをわかり易く説明する上でも決して軽視はでききないと思います。

7.キズナ48 投稿日:2014/6/4-23:23:38
志望校選びに情熱を傾けている来年の受験生からの評価は、やや手厳しいものになる部分もあるでしょう・・・まあ、色々な事情もあると思いますが・・・


名前: メールアドレス:  
ID: パスワード:

【10:2】祝憲法記念日

1.ゴールデンWeee苦 投稿日:2014/5/4-15:11:35
昨日は、憲法記念日だったこともあり、世間では憲法のお話で盛り上がっているようです。(笑)改憲派の人達は、我らが砂川の地で嘗て起きた『砂川闘争』の判決まで強引に持ち出して来て、がんばって居られるようです…。改憲派の一つに維新を掲げる政党が有りますが、この人達は「維新」の言葉の基本的意味がどうやら理解できていないようです。(笑)”維”の本来の意味は、”つなぎとめる”であり、これは単に”新しくする”というより寧ろ、”古きよき伝統を引き継ぎながら改良する”くらいの緩やかな意味が込められています。残念ながら現在の政治家でその意味を理解できている方々は、少数派になってしまったようです。砂高の改革はこれまでどおり、それらを踏まえて進んで行くことでしょう(期待します)。昨日が憲法記念日ということもあり、少し(かなり?)お堅い話題になってしまったことをお詫び致します。

2.ts88 投稿日:2014/5/25-19:20:10
「砂川闘争」は戦後の日本における様々なテーマが凝縮されているので、現代社会の授業で取り上げるのにもってこいの題材ですね・・・。あ、そう言えば第二の砂川闘争(統廃合反対闘争)も・・・今となっては良い思いでの一つですね(^^*)


名前: メールアドレス:  
ID: パスワード:

【11:2】入試倍率の件

1.11th卒業生代表(自称) 投稿日:2014/4/27-20:53:53
辛夷会日誌で話題になっていましたが、それほど気にする必要はないと思います。(笑)
今年度の低倍率は前年度の高倍率によるものが一因だと思います。また、入学を希望する皆さんの希望がほぼ全て叶ったことはむしろ良いこととも考えられます。
それと、何処かの府知事さんのように学校現場に企業の理論を持ち込むことは、むしろ弊害のほうが多いような気もします。

新入生の皆さんへ

ご入学おめでとうございます。是非とも高校生時代にしか出来ないことに果敢に挑戦して行ってください。
勉強を一生懸命したいけど物足りない場合は、マナビーとかを上手に利用すればきっと良い結果を得られる筈です。。。

2.一卒業生 投稿日:2014/4/28-22:38:22
追記です。
たて続きの辛夷会日記、拝読させていただきました。
今回の都教育委員会の対応は絵に描いたようなお役人気質で、流石に笑ってしまいますね。(苦笑)
通信制のニーズの高さはある意味、時代を反映しているのかもしれませんね・・・
今回の日誌は、一層と内容の濃いもので、とても勉強になりました、有難うございます。


名前: メールアドレス:  
ID: パスワード:

【12:1】祝 入学式(35th)

1.暖かな季節 投稿日:2014/4/12-13:48:43
春の砂高を象徴する「校歌」と「桜」とともに静穏な雰囲気のなかでの入学式でしたね。新入生及び関係者の皆様、本当におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。歴史と伝統を活かし、未来をつくっていきましょう!


名前: メールアドレス:  
ID: パスワード: